直線上に配置



悪名十八番
大映/86分★★
1968年(昭43)1月13日公開<カラー・ワイド>
脚本 依田義賢 監督 森一生
撮影 今井ひろし 音楽 鏑木創
出演-勝新太郎・田宮二郎・安田道代・森光子・金田龍之介・西村晃・藤田まこと・芦屋小雁・鳳啓助・京唄子・水原浩一
あらすじ(MovieWalker)
「悪名」シリーズ第14作。「眠狂四郎女地獄」と併映。

お話は前作の続きで、執行猶予が付いた勝新が兄、金田龍之介の世話になる。田宮は病床に伏している設定。

藤田まことが5年前に公開された「悪名市場」「悪名波止場」の役どころと同じ設定で出演している。両作ともに同じ森一生監督作品なので呼ばれたのだろう。

しかし半年前に公開された前作「悪名一番」に出ていた森光子も出演している。勝新と藤田と森の3シヨットの画面なので、最初見たときは森も前回の役を継いで出てきたものだと思ってしまう。が、まったく別人の役。ちょっと、どうしたものか。森は1920年生まれでこの時48歳。実年齢11歳年下の37歳の勝新とねんごろになる設定は、ミスキャストではと思えてしまう。

勝新の兄貴の役で金田龍之介が相撲姿で頑張っているのだが、ラストの安田道代が森と一緒に去っていくのはよく分からない。田宮二郎が後半から活躍する筋立てを見ても、「悪名」シリーズはそろそろマンネリの境地に陥っているのではないかと思う。


そしてこの作品が田宮のシリーズ最後の出演となった。

その顛末をWikiより転載する。
---------------------------------------------------------------------

1968年6月29日公開の大映『不信のとき』(今井正監督、有吉佐和子原作)の宣伝ポスター(原案)において、主役(130シーン中94シーンに出演)の田宮の名が4番手扱いになっていた。その序列は、若尾文子(大映の看板女優)がアタマ、2番目が加賀まりこ(松竹専属の女優、田宮より年下でありキャリアも後輩)、トメ(最後)が岡田茉莉子(東宝や松竹で活躍後、当時は独立系の映画を中心に出演)で、田宮はトメ前となっていた。
いくつもの主演シリーズを持っていた田宮は誰が見ても大映現代劇のトップ男優であり、彼にとってこの序列は譲れない大問題であった。

田宮は撮影所長に抗議したが、「この作品は女性映画として売りたいからこうなった。私の首にかけてもこの序列を変えることはない」と断られ、その場で副社長の永田秀雅(永田雅一の息子)に電話。
すると「役者ごときが注文をつけることではない」と叱責され再び却下されたことから
フィクサーとさえ言われる永田雅一に対抗するためか、右翼の許斐氏利を伴い、永田雅一と直談判する。
すると「主役のお前がアタマに書かれるのが当たり前や」となった。しかし「首をかけてもと撮影所長に言われたのだから、俳優の私が辞める(か所長が辞める)しかない」
と田宮が言うに及び、雅一は「おい、思い上がるのもいい加減にしろ。お前は横綱・大関クラスの役者だと思っているんだろうが、まだ三役クラスの役者だ。人事に口を出すな」と憤慨。
結果的に刷り直したポスターの序列は希望通り田宮がトップとなったが、雅一は契約を残したまま、田宮を解雇した。
これにより、ただでさえスター不足で経営難の大映はますます屋台骨が傾くことになった。
記者会見では記者から「田宮を辞めさせて興行的に困らないか」との声が社長に飛んだ。
しかし永田は「失礼な、それほどの大物じゃない」と反論、さらに五社協定を持ち出し、他社の映画にもテレビドラマにも田宮を使わないように通達した。

---------------------------------------------------------------------------------
1968年・昭和43年の世相

01/09 マラソンの円谷幸吉選手自殺
01/17 佐世保で米原子力空母エンタープライズ寄港反対の抗議集会。(19日入港)。
01/29 東大医学部で医師法改正に反対、無期限ストに突入(東大紛争の発端)。
02/20 静岡県清水市で2人を射殺した金嬉老、寸又峡温泉の旅館に人質13人をとり龍城。24日逮捕(金嬉老事件)。
02/26 成田市役所前で空港反対の農民・学生、警官隊と衝突。
03/16 南ベトナムのソンミで米軍による大虐殺事件おこる(ソンミ事件)。
03/30 日本テレビ系でアニメ『巨人の星』(梶原一騎原作)が放送開始。
04/14 日大の20億円使途不明金発覚(日大紛争の発端)。
05/08 イタイイタイ病を公害病に認定。
05/16 十勝沖地震、死者52人。
05/27 日大生、全学共闘会議結成。
06/15 文化庁発足。
06/17 東大、当局に反対し安田講堂など占拠の医学部学生に対し、機動隊を導入。20日、全学部に紛争拡大。
06/26 小笠原諸島、正式に日本復帰。
07/01 交通違反者にその場で罰金額記入した青キップを渡す「交通反則通告制度」スタート。10.1交通違反点数制(ポイント・システム)もスタート。
07/01 郵便番号制スタート。当初の番号記載率は56%だったが、昭和63年には96%に達する。
08/08 札幌医大教授・和田寿郎、日本初の心臓移植手術(83日後患者死亡)。
09/26 政府、水俣病と阿賀野川水銀中毒を公害病に正式認定。
10/13 第19回オリンピック・メキシコ大会。日本は215人参加。
10/17 川端康成、ノーベル文学賞受賞
10/21 国際反戦デー、全国600カ所で集会、デモ。反日共系学生、新宿駅占拠。22日騒乱罪適用。
11/07 反日共系学生4300人、安保粉砕・沖縄闘争勝利を叫び首相官邸乱入。
12/10 3億円事件。東京府中市で白バイ警官に変装した男が現金輸送車を奪い逃走。
50年時効成立。
12/29 紛争中の東大・東教大、44年度の入試中止を決定。

音楽

帰ってきたヨッパライ(フォーク・クルセダーズ)
星影のワルツ(千昌夫)
恋の季節(ピンキーとキラーズ)
小樽のひとよ(鶴岡雅義と東京ロマンチカ)
サウンド・オブ・サイレンス(サイモンとガーファンクル)
花の首飾り(ザ・タイガース)
エメラルドの伝説(ザ・テンプターズ)
恋のしずく(伊東ゆかり)
伊勢佐木町ブルース(青江三奈)
恋はみずいろ(ポール・モーリア)
愛の奇跡(ヒデとロザンナ)
ゆうべの秘密(小川知子)
虹色の湖(中村晃子)
愛のさざなみ(島倉千代子)
薩摩の女(北島三郎)
天使の誘惑(黛ジュン)
花と蝶(森進一)
盛り場ブルース(森進一)
長崎ブルース(青江三奈)
好きになった人(都はるみ)
釧路の夜(美川憲一)
たそがれの銀座(黒沢明とロス・プリモス)
思案橋ブルース(中井昭・高橋勝とコロラティーノ)
今は幸せかい(佐川満男)


テレビ

NHK大河ドラマ 竜馬がゆく
連続テレビ小説「あしたこそ」(NHK)
キイハンター(TBS)
おやじ太鼓(TBS)
怪奇大作戦(TBS)
マイティジャック(フジテレビ)
戦え!マイティジャック(フジテレビ)- 「マイティジャック」のリニューアル版
バンパイヤ(フジテレビ) - アニメと実写を合成。水谷豊のデビュー作
河童の三平 妖怪大作戦(NET)
お笑い頭の体操(TBS)
3時のあなた(フジテレビ)
お昼のゴールデンショー(フジテレビ)
コント55号の世界は笑う(フジテレビ)
夜のヒットスタジオ(フジテレビ)

書籍ベストセラー

どくとるマンボウ青春記(北杜夫)
民法入門(佐賀潜)[光文社カッパブックス]
こんな幹部は辞表をかけ(畠山芳雄)[日本能率協会]
竜馬が行く 1〜5(司馬遼太郎)[文芸春秋]
刑法入門(佐賀潜)[光文社カッパブックス]
愛(御木徳近)[KKベストセラーズ]
歴史パズル(吉岡力)[光文社カッパブックス]
不信のとき(有吉佐和子)
労働法入門(佐賀潜)[光文社カッパブックス]
道路交通法入門(佐賀潜)[光文社カッパブックス]

邦画

@神々の深き欲望(今村プロ)
A肉弾 (「肉弾」をつくる会=ATG)
B絞死刑(創造社=ATG)
C黒部の太陽(三船プロ=石原プロ)
D首(東宝)
E初恋・地獄編(羽仁プロ=ATG)
F日本の青春(東京映画)
G燃えつきた地図(勝プロ)
H人生劇場 飛車角と吉良常(東映)
I吹けば飛ぶよな男だが(松竹)

洋画

@俺たちに明日はない(米)
Aロミオとジュリエット(伊)
B質屋(米)
Cマラー/サド(英)
D2001年宇宙の旅(米)
E卒業(米)
F男性・女性(仏=スウェーデン)
G異邦人(伊=仏)
Hベトナムから遠く離れて(仏)
I召使(英)




弊社の配信するコンテンツ・動画等の整合性・信頼性に関しては万全を期しておりますが、
それにより生じた損害に対しては一切 の保証を負いかねます。
弊社が提供するコンテンツを無断で複製すると、著作権侵害となります。
Copyright (C) 2020, zeicompany. All rights reserved.
Free to Link
直線上に配置