直線上に配置



悪名市場
大映/84分★★
1963年(昭38)4月28日公開<カラー・ワイド>
脚本 依田義賢 監督 森一生
撮影 今井ひろし 音楽 斎藤一郎
出演-勝新太郎・田宮二郎・瑳峨三智子・芦屋雁之助/小雁・田中春男・藤原礼子・花沢徳衛・白木みのり・藤田まこと・芥川一郎
あらすじ(MovieWalker)

「悪名」シリーズ第6作。

今までのシリーズで一番完成度が低い。依田義賢の脚本が荒い。また今井ひろしの撮影もよくない。

瑳峨三智子が中途半端。勝新と寝たのかどうかあやふや。なのでラストの表情にも感慨がない。芦屋兄弟や白木みのり、藤田まことなど関西コメディアンがたいそう出ているが、ただの賑やかしに過ぎない。

親分衆の門前での雁之助の余興は心地よくない。またそれに続く勝新の河内音頭も冗長に過ぎる。
ラストの対決シーンも、まるでテレビドラマのような安易な構成で、爆発カットの挿入がうざい。

脚本依田義賢にしては三流の構成、手抜き映画となった。



弊社の配信するコンテンツ・動画等の整合性・信頼性に関しては万全を期しておりますが、
それにより生じた損害に対しては一切 の保証を負いかねます。
弊社が提供するコンテンツを無断で複製すると、著作権侵害となります。
Copyright (C) 2019, zeicompany. All rights reserved.
Free to Link
直線上に配置