直線上に配置



悪名桜
大映/86分★★★
1966年(昭41)3月12日公開<カラー・ワイド>
脚本 依田義賢 監督 田中徳三
撮影 宮川一夫 音楽 鏑木創
出演-勝新太郎・田宮二郎・市原悦子・酒井修・多々良純・沢村貞子・藤岡琢也・須賀不二男
あらすじ(MovieWalker)
「悪名」シリーズ第13作。雷蔵の「眠狂四郎多情剣」との併映。

前主演作「泥棒番付」からわずか17日後の公開。2作品をほとんど同時に撮影していたのだろうか。

主要スタッフは前作「悪名無敵」とまったく一緒。今回はかなり面白く見ることが出来た。

依田義賢の脚本に説得力がある。勝新がお人好しバカに見えない。勝新の幼馴染を演じた市原悦子もいい感じだ。「河内音頭」を唄うシーンも印象深い。

結局かわいがった酒井修は殺されてしまうが、だからこそラストの大乱闘が生きた。市原を故郷まで送って行けと頼まれた田宮が戻ってきた時に、勝新との間にもう一悶着あっても良いと思うが、マア些末なことではある。




弊社の配信するコンテンツ・動画等の整合性・信頼性に関しては万全を期しておりますが、
それにより生じた損害に対しては一切 の保証を負いかねます。
弊社が提供するコンテンツを無断で複製すると、著作権侵害となります。
Copyright (C) 2020, zeicompany. All rights reserved.
Free to Link
直線上に配置