直線上に配置



悪名
大映/79分★★★★
1961年(昭36)9月30日公開<カラー・ワイド>
脚本 依田義賢 監督 田中徳三
撮影 宮川一夫 音楽 伊福部昭
原作-今東光
出演-勝新太郎・田宮二郎・水谷良重・中田康子・中村玉緒・浪花千栄子・阿井美千子・山茶花究・須賀不二夫・高橋とよ
あらすじ(MovieWalker)

今東光の原作「悪名」は1960年に『週刊朝日』にて連載されたもの。同誌の編集長が監督・田中徳三の実兄だったことから、大映で映画化された。同作のヒットを受け、以降は脚本家依田義賢のオリジナルでシリーズ化され、全16作が製作された。

「不知火検校」から約一年、勝新にもやっとヒット作が生まれた。やはり勝新は侍姿より、角刈りにした着流し姿が似合うし板についている。めっぽう喧嘩に強くて女好き、酒は一滴も飲めず正義感強く筋を通す男。まさに勝新にピッタリのはまり役と言える。

共演の田宮二郎もかっこいい。永田社長の意向で雷蔵との共演はNGだったようだ。勝新となら色が違うから良かったのだろう。これが失礼ながら本郷功次郎だったら、ここまで息長いシリーズとなったどうかは疑問だ。

この作品、脚本の依田義賢の功績が大きいと思う。勝新と絡む三人の女、ぞぞれの三人の個性と生き様が丁寧に描かれている。八尋不二とは異なる、溝口監督に鍛えられた依田義賢ならではの筆致が見られる。

ラストの浪花千栄子とのやり取りも面白い。わざわざ島に戻ってくるバカ正直さは、雷蔵がいかに演技テクニックを駆使しても、ここまでの説得力は出てこないだろう。勝新ならでは、である。


以下Wikiの田宮二郎より転載
-----------------------------------------------------------------------------
田宮 二郎は1935年〈昭和10年〉大阪府大阪市出身。

学生時代は、シェイクスピア劇研究会に所属し、外交官志望だったが、大学在学中の1955年(昭和30年)、スポーツニッポン社主催の「ミスターニッポンコンテスト」で優勝したことがきっかけで、大映演技研究所10期生として入社。同期には叶順子・市田ひろみがいた。
1957年(昭和32年)に本名の「柴田吾郎」でデビュー。1959年(昭和34年)、大映社長の永田雅一がオーナーを兼務する毎日大映オリオンズの強打者・田宮謙次郎にあやかりたいという永田の意思に強制される形で「田宮二郎」と改名。
長らく端役が多かったが、1961年(昭和36年)に『女の勲章』(吉村公三郎監督、山崎豊子原作)の演技で注目を集めた。同年秋に勝新太郎と共演した『悪名』にて勝の相棒「モートルの貞」役に抜擢(ばってき)され、人気スターの仲間入りを果たす。
「モートルの貞」は『続悪名』で絶命するが、その後シリーズ化が決定、田宮は3作目から貞の弟「清次」を演じ「勝−田宮」コンビが復活、長きにわたる人気シリーズとなった。またこれらの演技が評価され、1961年(昭和36年)のエランドール新人賞を獲得した。

端整なルックスと、身長180cmでスリムでありながら筋肉質であることに加え、甘い二枚目から冷酷なエリート、ユーモラスな拳銃使い、ヤクザ、欲望のためなら手段を選ばない悪役までもこなす演技力から犬シリーズ、黒シリーズなどにも主演、
大映の看板俳優として活躍した。また若尾文子の相手役として名画を多く残した。1965年(昭和40年)に『黒の爆走』『黒の超特急』などで共演した藤由紀子と結婚。
1966年(昭和41年)、『白い巨塔』(山本薩夫監督、山崎豊子原作、大映作品)で財前五郎役を演じたことで、その名声は決定的なものになり、「昭和のクールガイ」と呼ばれた。同じ大映に所属していたビッグスター市川雷蔵とは一度も共演していない。理由は社長・永田雅一の方針によるものと言われている。

1968年公開「不信のとき」のポスター序列問題から大映に籍を残したまま追放、映画界to完全に干されてしまった田宮は、家族を養うために舞台俳優・司会者・歌手として活動し、片やナイトクラブ、キャバレー回りなどの地方巡業もしていた。
1969年からは、クイズ番組『クイズタイムショック』の初代司会を務め、映画でのクールな雰囲気から一転したソフトなキャラクター、加えて軽快で巧みな話術と的確な番組進行が視聴者の好感を呼んだ。
映画俳優としての仕事ではなくこのようなテレビの仕事をすることは、この時代の映画人にとって不本意とされていた。一方、当時のテレビの家庭普及率はすでにほぼ100%に近く、カラーテレビの普及も進んでいた頃で、他の映画俳優たちのテレビへの出演も珍しくなくなる時期でもあり、田宮の司会姿は視聴者たちの記憶に長く残ることとなり、結果として田宮の名声を保つことにつながった。

1969年(昭和44年)6月で大映と契約満了。東映プロデューサーの俊藤浩滋から誘われ、千葉真一主演映画『日本暗殺秘録』に出演し、映画界へカムバックを果たした。
苦境を乗り越えたことで自信を付けた田宮は、永田雅一に啖呵を切るまでになっていた。そこで、1971年(昭和46年)に夫人を社長に据え立ち上げた自身の個人プロダクション「田宮企画」で『3000キロの罠』を製作・主演をしたが、ヒット作とはならなかった。一方の大映は1971年(昭和46年)に倒産。それをきっかけにすでに斜陽であった日本映画の観客動員数はさらに大きく落ち込み、今に続くテレビ時代となる。

1972年(昭和47年)にはTBS系ドラマ『知らない同志』でテレビドラマへ本格進出。その後も『白い影』『白い滑走路』などの白いシリーズや、山田太一脚本『高原へいらっしゃい』などの話題のドラマに主演して、立て続けにヒットを飛ばし、ドラマ界でも花形スターの座を獲得。
その頃になると、自身を「日本のハワード・ヒューズになる」と公言しはじめ、ビジネスに強い興味を持ち、政財界とも接触を持つようになって、ゴルフ場やマンションの経営を行ったが失敗。1977年(昭和52年)には日英合作映画『イエロー・ドッグ』(松竹)の製作・主演も行ったが不入りに終わり、多額の借金を抱えてしまう。

大映時代の過労で結核を再発させてしまい、ペニシリン注射を打ちながら撮影を続けたこともあった田宮だが、大映退社後は更に休む間がなくなっていたために次第に精神を病み、同年3月には精神科医の斎藤茂太から躁鬱病と診断された。しかし、田宮自身は病気を認めようとせず、治療の薬も拒否したため夫人は飲んでもらおうと必死になったという。
また、付き人に段ボールの箱ごと育毛剤を買いに行かせたり、ドラマの撮影シーンで髪の毛が濡れることを嫌がるなど、頭髪についても悩んでいたという。

1977年(昭和52年)冬、TBSから田宮のキャスティング権を得たフジテレビから企画を求められた田宮は、原作の途中までしか映画化されていなかった小説『白い巨塔』のドラマ化を強く希望した。
映画『白い巨塔』で主演として財前五郎を演じて以来、田宮は常に高みを目指す財前の姿に自分を重ね、自身の本名と同じ「ごろう」であったこともあり、財前五郎を演じるのは自分しかいない、原作のラスト・財前の死までを演じ切りたいと思い続けていた。
かつて映画化の際には原作の財前の年齢設定よりずっと若かった田宮も、この時にはほぼ同じ年齢であり、機も熟していた。田宮は原作者・山崎豊子に直談判し、快諾を得て1977年(昭和52年)11月にはドラマ化が決定した。

12月に入ると、躁状態に入った田宮は入れ込んでいたドラマ化への関心が薄れ、いかがわしいビジネスに熱中し始める。田宮の事業熱が収まらないまま、ドラマ『白い巨塔』は1978年(昭和53年)3月に撮影開始。ロケーション現場の病院を自ら手配するなど、高いテンションで撮影に臨み、6月3日放映の初回は視聴率18.6%と好調にスタートした。
一方で私生活は荒れ、執拗な債権取立ての中で、妻に不動産などの書類の引渡しを求めて激しく言い争うようになっていた。ドラマ撮影現場でも次第に彼の不遜な態度に対して不安が広がり、スタッフがその火消しに躍起になったという。
撮影は11月15日に無事終了。財前五郎の死のシーンに際して、田宮は3日間絶食してすっかり癌患者になりきり、財前の遺書も自らが書き、それを台本に加えさせた。さらに、全身に白布を掛けられストレッチャーに横たわる遺体役をスタッフの代役ではなく自分自身でやると主張してストレッチャーに乗った。収録後には「うまく死ねた」とラストシーンを自賛したという。

ドラマ撮影の間、9年に渡って司会を務めてきた『クイズタイムショック』を1978年(昭和53年)9月28日放送分をもって降板。病状が改善されないこともあり、自ら申し出たもので、司会者は山口崇へ引き継がれた。『白い巨塔』撮影終了後の田宮はすっかり虚脱状態になり、「財前五郎の後に、どんな役を演じたらいいかわからない」とプロデューサーの小林俊一に漏らすようになっていた。しかし、自殺3日前の12月25日には同ドラマの仕事仲間3人(田宮と花森ケイ子を演じた太地喜和子、プロデューサーの小林俊一)で食事をしており、太地と小林はこの時の田宮の様子について、「かなりの上機嫌で、自殺する気配など全く感じられなかった」と語っている。
また、同ドラマで柳原弘を演じた高橋長英も12月下旬に田宮と六本木へ飲みに行っているが、高橋によると、その時も田宮は機嫌が良く、自殺の兆候など全く見られなかったという。

1978年(昭和53年)12月28日の午前中、南青山のマンションに住む田宮を付き人が昼食の弁当と梅干しを載せたお盆を持って2階に上がり、寝室の前で声を掛けたが応答がなかった。しばらくしてドアを開けると田宮はベッドの上に仰向けで横たわり、米国パックマイヤー社製の上下2連式クレー射撃用散弾銃で自殺を遂げていた。43歳だった。

付き人が発見した時、田宮は苦悶の表情を浮かべほとんど息もしておらず、股関節のあたりまで掛け布団が掛かっていて布団の下から銃口がのぞいていた。
「部屋は血の海になっていた」という報道もあったが実際はそこまで血は流れておらず、田宮の体の左側に血が散っているという感じだったと言う。
付き人は慌てて119番通報を、そして六本木にあった田宮企画の事務所に電話をした。寝室の隣室の書籍から遺書も見つかり警察は自殺と断定。
田宮の死亡が確認されたのは13時50分頃で、マスコミには14時過ぎに田宮猟銃自殺の一報が入った。
その夜に仮通夜をすませ、翌29日の午前中に遺体の検視、その夜に通夜、そして30日に密葬を行い、年明けの1979年(昭和54年)1月12日に告別式を行った。

残された遺書は妻・息子達・二児の家庭教師・2人の弁護士・田宮企画顧問・奈良岡朋子・鬼沢慶一宛の8通あったとされている。そのうち妻へ宛てた遺書には、感謝の言葉と共に、生きることの苦しみと死への恐怖が綴られ、「病で倒れたと思って(中略)諦めて欲しい」と書かれていた。
次男の田宮五郎へは当時から俳優を志していた彼に「俳優になるなら人間を知ってから」との言葉を生前に遺していた。

この田宮の自殺は、大きな衝撃をもって報道された。田宮も映画化された際に出演した小説『華麗なる一族』(山崎豊子原作)において万俵鉄平が猟銃自殺をする場面があり、山崎は田宮の死を電話で知るとすぐに「猟銃でしょう」と悟ったという。映画『華麗なる一族』では田宮が望んだ万俵鉄平役がかなわず、試写会の後で「僕ならもっとうまく猟銃自殺をやれるのに」と話していた。また、生前から自宅の居間で妻を前に「こうすれば死ねるんだ」と猟銃を抱き抱え足の指を引き金に掛けるまねをしていたことがあった。

この報道渦中での放映となったドラマ『白い巨塔』残り2話は皮肉にもさらなる注目を集めることとなり、視聴率は上昇して最終話は31.4%を記録。結果多くの人々の記憶に残り、視聴率的にも大成功を収めることとなった。

戒名は「清光院法誉顕映究吾居士」。墓地の所在は柴田家代々の墓地。生まれ故郷である京都の法然院にある。




弊社の配信するコンテンツ・動画等の整合性・信頼性に関しては万全を期しておりますが、
それにより生じた損害に対しては一切 の保証を負いかねます。
弊社が提供するコンテンツを無断で複製すると、著作権侵害となります。
Copyright (C) 2019, zeicompany. All rights reserved.
Free to Link
直線上に配置