直線上に配置



安珍と清姫
大映/85分/
1960年(昭35)8月9日公開<カラー・ワイド>
脚本 小国英雄・島耕二 監督 島耕二
撮影 小原譲治 音楽 大森盛太郎
出演-市川雷蔵・若尾文子・浦路洋子・片山明彦・毛利郁子
あらすじ(MoveWalker)

紀州道成寺にまつわる「安珍・清姫伝説」を元に作品。思いを寄せた僧の安珍に裏切られた少女の清姫が激怒のあまり蛇に変化し、道成寺で鐘ごと安珍を焼き殺すことを内容としている。

昭和35年のお盆映画であるが、かなり旧時代的なメロドラマで、当時の観客でさえ退屈したのではないだろうか。

黒澤明の諸作品を多く手掛けている小国英雄の脚本だが、安珍も清姫も、それぞれの感情的な繋がりが統一されておらず、恋愛物としても欠点だらけの脚本。

唯一、若尾文子の乳首が一瞬、見ることが出来るのが救いか。


以下Wikiの島耕二より転載

1901年(明治34年)長崎市に、医者の息子として生まれる。日本映画俳優学校を第一期生として卒業し、1925年(大正14年)、日活大将軍撮影所に入社する。
現代的な二枚目俳優として内田吐夢、阿部豊、溝口健二などの作品に出演する。
しかし、1934年(昭和9年)の労働争議で内田、村田実、伊藤大輔らとともに日活を脱退し、新映画社の創立に参加する。
解散後、新興キネマを経て、日活多摩川撮影所に入り、『明治一代女』、『真実一路』などの作品に出演し、日活黄金期を支えるスター俳優としての地位を確立する。

1939年(昭和14年)、『雲雀』から監督に転向し、1940年(昭和15年)、『風の又三郎』を発表。1941年(昭和16年)に発表した『次郎物語』は詩情あふれる演出で監督としての代表作となった。第二次世界大戦中の1943年(昭和18年)召集される。

戦後は、大映、東横映画、新東宝、大映と移り、娯楽映画を中心に発表する。
主題歌が大ヒットとなった『銀座カンカン娘』などの歌謡映画から『金色夜叉』、『滝の白糸』などのリメイク作品、『宇宙人東京に現わる』などの空想映画まで作風は多岐に及んだ。
70年代以降は、主にPR映画の監督として活躍し、80歳を越えても年に1本のペースで1時間以上の劇映画を製作し続けた。





弊社の配信するコンテンツ・動画等の整合性・信頼性に関しては万全を期しておりますが、
それにより生じた損害に対しては一切 の保証を負いかねます。
弊社が提供するコンテンツを無断で複製すると、著作権侵害となります。
Copyright (C) 2019, zeicompany. All rights reserved.
Free to Link
直線上に配置