直線上に配置



大菩薩峠 完結編
大映/98分★★
1961年(昭36)5月17日公開<カラー・ワイド>
脚本 衣笠貞之助 監督 森一生
撮影 本多省三 音楽 塚原哲夫
出演-市川雷蔵・中村玉緒・本郷功次郎・小林勝彦・近藤恵美子・島田竜三・阿井美千子・見明凡太郎・三田村元
あらすじ(MovieWalker)

三部作の完結編。

中村玉緒が再び別役で出演している。このシリーズ、一人三役である。また山本富士子演じていた役は、セリフは出てくるが出番は無し。

前二作ともに本郷功次郎との仇討ちがラストとなり、次作ではその後から始まる構成だったが、今回も決闘はお預け、「続・完結編」も作るのが可能なラストだ。

雷蔵は崖から滑ったり、谷から滑り落ちたりすると必ず女に助けられて、飲食不自由することもなく、己の煩悩に悩み、辻斬りして生活できる。原作はどうだか知らないが、構成自体はワンパターンの極み。三部作にするほどの原作なのだろうか。

ただ一つ、ラストの洪水シーンは見もの。濁流に流れていく屋根の上の雷蔵のカットは、大映美術スタッフの底力、最高峰の美術装置であった。




弊社の配信するコンテンツ・動画等の整合性・信頼性に関しては万全を期しておりますが、
それにより生じた損害に対しては一切 の保証を負いかねます。
弊社が提供するコンテンツを無断で複製すると、著作権侵害となります。
Copyright (C) 2019, zeicompany. All rights reserved.
Free to Link
直線上に配置