直線上に配置



御用牙
かみそり半蔵地獄責め

東宝配給/89分★★
1973年(昭48)8月11日公開<カラー・ワイド>
脚本 増村保造 監督 増村保造
撮影 宮川一夫 音楽 冨田勲
出演-勝新太郎・黒沢年男・西村晃・小松方正・佐藤慶・草野大悟・蟹江敬三・相川圭子・稲野和子・宗田政美・稲葉義男
あらすじ(MovieWalker)
前年の12月30日、東宝の正月映画として公開された「御用牙」の続編。
今回は東宝のお盆映画で併映は「子連れ狼 冥府魔道」(監督三隅研次)の勝プロ二本立て。

今回は、前作を一度観ていたからだろう、この作品独自のノリにすんなり乗れて楽しめた。勝新はかなり太ってきたのが目についたが、冨田勲の音楽も良い。

女優さんの裸オンパレードだが、男優も黒沢年男はじめ小松方正、佐藤慶など面白い。前作の役のまま再登場している、西村晃と勝新のやり取りが面白い。勝新に頭からバカにされる役を、西村がコミカルに演じている。

佐藤慶が、弱っちいのが残念だが、「子連れ狼」との兄弟主演の娯楽映画二本立て。観客はエロもグロも、大いに満足して帰路についただろう。




弊社の配信するコンテンツ・動画等の整合性・信頼性に関しては万全を期しておりますが、
それにより生じた損害に対しては一切 の保証を負いかねます。
弊社が提供するコンテンツを無断で複製すると、著作権侵害となります。
Copyright (C) 2020, zeicompany. All rights reserved.
Free to Link
直線上に配置