直線上に配置



花の兄弟
大映/86分★★★
1961年(昭36)12月27日公開<カラー・ワイド>
脚本 笠原良三 監督 池広一夫
撮影 本田平三 音楽 吉田旺
出演-市川雷蔵・橋幸夫・水谷良重・若水ヤエ子・森川信・石黒達也・姿美千代・芥川一郎
あらすじ(MovieWalker)

昭和37年度の大映正月映画。

安心して見られる娯楽映画。池広一夫監督は2ヶ月前の前作「かげろう侍」に続いての雷蔵主演作。雷蔵自身は新人監督の池広を大層気に入っていたらしい。この作品でものびのびと演じている。

脚本は当方の社長シリーズでお馴染みの笠原良三。軽妙なタッチで飽きさせず物語は進んでいく。若水ヤエ子や芥川一郎、そして石黒達也などの演技人が脇を固める。
何より浅草出身の森川信が素晴らしい。「男はつらいよ」より3年前の森川のトホホ演技が秀逸だ。

橋幸夫はこの時18歳。30歳の雷蔵とはまさに兄弟ピッタリ。

映画にとって幸せな時代の王道の娯楽映画。


弊社の配信するコンテンツ・動画等の整合性・信頼性に関しては万全を期しておりますが、
それにより生じた損害に対しては一切 の保証を負いかねます。
弊社が提供するコンテンツを無断で複製すると、著作権侵害となります。
Copyright (C) 2019, zeicompany. All rights reserved.
Free to Link
直線上に配置