直線上に配置




大映/96分★★★★
1964年(昭39)3月14日公開<モノクロ・ワイド>
脚本 舟橋和郎 監督 三隅研次
撮影 牧浦地志 音楽 池野成
原作-三島由紀夫
出演-市川雷蔵・川津祐介・長谷川明男・藤由紀子・河野秋武・稲葉義男
あらすじ(MovieWalker)

三隅研次監督と市川雷蔵コンビの剣三部作の二作目。前作「斬る」より二年後の公開。

三島由紀夫の原作は未読だが、自殺した三島の求めていた自戒の意味がよく映像化されていると思う。
ライバルの川津祐介が良い。大島の「青春残酷物語」から4年。この時29歳。33歳の雷蔵とともに少し年増の大学生を好演している。

潔癖過ぎる男の悲劇。雷蔵にはピッタリだ。



弊社の配信するコンテンツ・動画等の整合性・信頼性に関しては万全を期しておりますが、
それにより生じた損害に対しては一切 の保証を負いかねます。
弊社が提供するコンテンツを無断で複製すると、著作権侵害となります。
Copyright (C) 2019, zeicompany. All rights reserved.
Free to Link
直線上に配置