直線上に配置



斬る
大映/96分★★
1962年(昭37)7月1日公開<カラー・ワイド>
脚本 新藤兼人 監督 三隅研次
撮影 本多省三 音楽 斎藤一郎
原作-柴田錬三郎
出演-市川雷蔵・藤村志保・天知茂・万里昌代・なぎさまゆみ・浅野進次郎・柳永二郎・稲葉義男
あらすじ(MovieWalker)

三隅研次監督と市川雷蔵コンビの『斬る』『剣』『剣鬼』の剣三部作の最初の作。
原作は未読だか新藤兼人脚本の本作、構成が弱い。

稲葉義男とその息子が、いくら殿様から叱責されたからと言って、雷蔵の育ての父と妹を殺すだろうか。またその殺戮の後、自害もせず二人してのこのこ歩いて雷蔵に殺されてしまうのもどーだか。

雷蔵の心情になかなか思い入れできない。さすらうわけでもなく、幕府大目付松平大炊頭に推挙されればホイホイ乗って、その大目付が殺されたから、自分も自害して果てる。

藤村志保と天知茂の子として生まれた雷蔵の、過去の因縁がそれで浄化されるのだろうか・・・。



弊社の配信するコンテンツ・動画等の整合性・信頼性に関しては万全を期しておりますが、
それにより生じた損害に対しては一切 の保証を負いかねます。
弊社が提供するコンテンツを無断で複製すると、著作権侵害となります。
Copyright (C) 2019, zeicompany. All rights reserved.
Free to Link
直線上に配置