直線上に配置



昨日消えた男
大映/83分★★
1964年(昭39)4月18日公開<カラー・ワイド>
脚本 小国英雄 監督 森一生
撮影 本多省三 音楽 大森盛太郎
出演-市川雷蔵・宇津井健・高田美和・藤村志保・三島雅夫・沢村宗之助・成田純一郎
あらすじ(MovieWalker)

1941年に公開されたマキノ雅弘監督「昨日消えた男」のリメイク。

脚本は同じ小国英雄で、原案は当時人気のあったMGMの名探偵シリーズ「影の男」で、舞台を江戸時代の長屋に置き換え、前作は長谷川一夫を主役に据えて作り上げた。

今回は「幽霊船」を全面に出して内容はかなり変わっているようだ。雷蔵物でいうと久しぶりの陽気なお殿様モノとなっていて、ニヒリズムの「忍びの者」「眠狂四郎」からはガラリと変わって伸びのびと演じている。。

しかし構成が安易でご都合主義も目立ち、森一生監督は移動撮影や、ガラスワークでのワイプ効果などいろいろ試してはいるが、内容はつまらない。



弊社の配信するコンテンツ・動画等の整合性・信頼性に関しては万全を期しておりますが、
それにより生じた損害に対しては一切 の保証を負いかねます。
弊社が提供するコンテンツを無断で複製すると、著作権侵害となります。
Copyright (C) 2019, zeicompany. All rights reserved.
Free to Link
直線上に配置