直線上に配置



眠狂四郎人肌蜘蛛
大映/80分★★★★
1968年(昭43)5月1日公開<カラー・ワイド>
脚本 星川清司 監督 安田公義
撮影 武田仙吉郎 音楽 渡辺宙明
出演-市川雷蔵・緑魔子・川津祐介・寺田農・三条魔子・渡辺文雄・五味龍太郎・伊達三郎
あらすじ(MovieWalker)
柴田錬三郎原作「眠狂四郎」シリーズの第10作。

監督安田公義の安定した演出で最後まで面白く見られた。ストーリーが非常にわかりやすい。

緑魔子と川津祐介が変態兄妹を演じている。緑魔子は所々セリフが心許ないが、マア役柄にあっている。もう少しお色気サービスが欲しかった。川津祐介は意外な配役ではあるがそこそ面白い。

ラストは、雷蔵以外の全ての登場人物が死んでしまうという、血も涙も希望もない結末。孤高の雷蔵が美しい。

雷蔵は本作公開の翌月に、新作撮影中に大量の下血、入院となるわけだが、画面からは弱々しさも感じず、立ち回りもバシバシ決まっている。




弊社の配信するコンテンツ・動画等の整合性・信頼性に関しては万全を期しておりますが、
それにより生じた損害に対しては一切 の保証を負いかねます。
弊社が提供するコンテンツを無断で複製すると、著作権侵害となります。
Copyright (C) 2020, zeicompany. All rights reserved.
Free to Link
直線上に配置