直線上に配置



鬼の棲む館
大映/76分★★★
1969年(昭44)5月31日公開<カラー・ワイド>
脚本 新藤兼人 監督 三隅研次
撮影 宮川一夫 音楽 伊福部昭
原作-谷崎潤一郎
出演-勝新太郎・高峰秀子・新珠三千代・佐藤慶・五味龍太郎・伊達三郎
あらすじ(MovieWalker)
谷崎潤一郎の戯曲「無明と愛染」の映画化。

主な登場人物は四人、舞台は山奥の荒廃した寺のみで、撮影はベテラン宮川一夫。海外の賞狙いだろうか、意欲作ではある。

愛人と逃避した夫を訪ねてくる妻。勝新、高峰、新珠のそれぞれの演技合戦が楽しめる。
中盤に僧侶役の佐藤慶が登場。ここからクライマックスへとなだれ込んでいく。

出家して悟りを開いたさ佐藤を誘惑する、新珠三千代の悪女ぶりが素晴らしい。高峰も勝新もタジタジ。

しかし肝心のラスト、勝新が佐藤の掲げる菩薩像の光にたじろぎ、新珠を斬り殺す動機が描写不足で、あれよあれよと大ラスになってしまう所が惜しい。

勝新は「新珠が勝つ」、高峰は「佐藤が勝つ」と反目続け、結局は新珠が勝つわけだが、その新珠を勝新は殺してしまう。その心の変化が丁寧に描かれず唐突感甚だしい。

そして勝新は出家して佐藤の仕事を引き継いでいくラストとなる。その後ろをついていく高峰がほくそ笑む表情でも欲しかった。




弊社の配信するコンテンツ・動画等の整合性・信頼性に関しては万全を期しておりますが、
それにより生じた損害に対しては一切 の保証を負いかねます。
弊社が提供するコンテンツを無断で複製すると、著作権侵害となります。
Copyright (C) 2020, zeicompany. All rights reserved.
Free to Link
直線上に配置