直線上に配置



浪人街
松竹配給/117分
1990年(平成2年)8月18日公開
脚本 笠原和夫 監督 黒木和雄
撮影 高岩仁 (宮川一夫) 音楽 松村禎三
出演-原田芳雄・勝新太郎・樋口可南子・石橋蓮司・田中邦衛・杉田かおる・伊佐山ひろ子・水島道太郎・中尾彬・長門裕之
あらすじ(MovieWalker)
1928年・昭和3年に公開されたマキノ正博監督「浪人街」の再映画化。

「日本映画の父 牧野省三 追悼六十周年記念作品」としてマキノ正博総監修の元で制作され、勝新太郎の劇場映画の遺作となった。

笠原和夫の脚本は原作山上伊太郎の良さを生かしきれず、駄作となった。
撮影協力の宮川一夫や京都映画人が多数協力しているが、この脚本で撮影を開始したプロデューサーと監督である黒木和雄の責任だろう。

勝新は得意の天衣無縫、豪放磊落なキャラ、赤牛として登場するが、悪役旗本側に寝返った以降が描ききれていない。仕える主君に忠誠を誓って最後は自死する訳だが、そんなキャラは誰も勝新に求めてないだろうし、無理がある。

山上伊太郎の原作では、原田芳雄や樋口可南子を手助けするために、石橋蓮司や田中邦衛が次々と駆けつける中、赤牛は「困った、困った」と地団駄を踏む。そして最後には悪人旗本側に剣を抜く。

「赤牛、裏切ったな!」
「違う、表返ったのだ!」

そして、赤牛も交えての大立ち回りとなる。

何故に監督は「浪人街」を再映画化したかったのだろうか。アナーキーな浪人衆が、最後は一致団結して悪に立ち向かう、単純明快な剣戟映画を作るべきだったと思う。

ラストに駆けつける、白装束姿の石橋。そして甲冑を身にまとった田中。
お前ら、着替える時間があったら、さっさと助けに来いよ。さらに牛裂きの刑なのに、樋口の股はまったく拡がらない。

笠原の脚本が酷すぎる。

勝新の最後の立ち回りを見たかった・・・。

---------------------------------------------------------------------------------

1954年23歳で映画デビューした勝新。以来36年間。多くの映画とテレビドラマに出演した勝新は、この8年後に世を去った。

一人の人間の人生として、晩年は不幸に見舞われた。ほとんどが身から出た錆、ではあったろうが。

1962年・昭和37年・31歳の時に「悪名」がシリーズ化して「座頭市」が始まった。
その3年後「兵隊やくざ」がシリーズ化したあたりが、人生の一番の絶頂期だったろう。

栄華盛衰。人の世も、人生もまた、覆水盆に返らず・・・・。




弊社の配信するコンテンツ・動画等の整合性・信頼性に関しては万全を期しておりますが、
それにより生じた損害に対しては一切 の保証を負いかねます。
弊社が提供するコンテンツを無断で複製すると、著作権侵害となります。
Copyright (C) 2019, zeicompany. All rights reserved.
Free to Link
直線上に配置