直線上に配置



新 忍びの者
大映/86分★★★
1963年(昭38)12月28日公開<モノクロ・ワイド>
脚本 高岩肇 監督 森一生
撮影 今井ひろし 音楽 渡辺宙明
出演-市川雷蔵・伊達三郎・東野英治郎・若尾文子・三島雅夫・成田純一郎・北原義郎・杉田康・細川ちか子
あらすじ(MovieWalker)
「忍びの者」シリーズ第3作。
昭和39年度の大映正月映画。併映は「悪名一番」。

タイトルに「新」が付いているがストーリーは前作「続 忍びの者」の続き。

雷蔵と秀吉の東野英治郎との確執が中心。若尾文子は淀君役だがほとんど絡まない。家康の役は三島雅夫に変わっているが、この家康もまた好演している。

忍者の手練手管の城への侵入シーンとか、剣がぶつかり合う音しかしない忍者同士の対決シーンとかが面白く描かれる。森一生監督はストーリーの大枠は殆ど歴史的に決まっているので、細部の描写に力量を置いているだ。

ラストの、秀吉を討ったあとの雷蔵の負の喜びは、なかなか共感は呼びそうもない。後味は良くない。




弊社の配信するコンテンツ・動画等の整合性・信頼性に関しては万全を期しておりますが、
それにより生じた損害に対しては一切 の保証を負いかねます。
弊社が提供するコンテンツを無断で複製すると、著作権侵害となります。
Copyright (C) 2019, zeicompany. All rights reserved.
Free to Link
直線上に配置