直線上に配置



新 座頭市物語
大映/91分★★★★
1963年(昭38)3月15日公開<カラー・ワイド>
脚本 犬塚稔
梅林貴久生
監督 田中徳三
撮影 牧浦地志 音楽 伊福部昭
出演-勝新太郎・河津清三郎・坪内ミキ子・須賀不二男・近藤恵美子・伊達三郎・丹羽又三郎・遠藤辰雄
あらすじ(MovieWalker)

「座頭市」シリーズ第三作。

この回はかなり面白い。市は生まれ故郷に戻り、その場所で育ての親や、居合抜きの師匠とその娘などの人間関係が複雑に絡み合って行く。

仇討ちを望む須賀不二男とのサイコロのやり取りが素晴らしい。あっけなく殺された後の、怒りに震える勝新も良い。

この作品、殺陣シーンが出色の出来。牧浦地志のカメラワークも相まって息が詰まるほどの迫力。それぞれのセットの美術の仕事も見応えあり。日本映画最高の美術スタッフだろう。

ラストの市のセリフ「お嬢さん、市はこんなやくざ稼業の人間でございます」が切ない。



弊社の配信するコンテンツ・動画等の整合性・信頼性に関しては万全を期しておりますが、
それにより生じた損害に対しては一切 の保証を負いかねます。
弊社が提供するコンテンツを無断で複製すると、著作権侵害となります。
Copyright (C) 2019, zeicompany. All rights reserved.
Free to Link
直線上に配置