直線上に配置



若親分乗り込む
大映/84分★★
1966年(昭41)5月3日公開<カラー・ワイド>
脚本 浅井昭三郎 監督 井上昭
撮影 今井ひろし 音楽 小杉太一郎
出演-市川雷蔵・本郷功次郎・藤村志保・松尾嘉代・垂水晤郎・遠藤辰雄・三島雅夫
あらすじ(MovieWalker)
「若親分」シリーズ第4作。

憲兵隊対若親分、の対立構図。地方土地に世話になった親分を訪ねる若親分。子分はどうしたのだろう。自分の組をほっぽり出して大丈夫なのか。

このシリーズの致命的な欠陥は、雷蔵演ずる若親分の胸中がはっきりと分からない事だ。
海軍将校から若親分に転身した訳だが、その理由が「父の死去による跡目相続」のようだが、それだけでは観客の共感は得られないだろう。親父が死んで後を継ぐ例は枚挙にいとまがない。

心情の部分での「任侠に生きる」部分が描かれてないので、雷蔵の行動に一体感は得られない。

ラストの少将への直訴も、都合の良いときには海軍将校に変装して権力を利用する、小賢しさが目立つ。首尾一貫していない。




弊社の配信するコンテンツ・動画等の整合性・信頼性に関しては万全を期しておりますが、
それにより生じた損害に対しては一切 の保証を負いかねます。
弊社が提供するコンテンツを無断で複製すると、著作権侵害となります。
Copyright (C) 2020, zeicompany. All rights reserved.
Free to Link
直線上に配置