直線上に配置



座頭市喧嘩旅
大映/87分★★★★
1963年(昭38)11月30日公開<カラー・ワイド>
脚本 犬塚稔 監督 安田公義
撮影 本多省三 音楽 伊福部昭
出演-勝新太郎・藤村志保・藤原礼子・吉田義夫・島田竜三・沢村宗之助・丹羽又三郎
あらすじ(MovieWalker)
「座頭市」シリーズ第5作。

市のキャラクターをほぼ決定させた記念碑的映画。娯楽映画としての水準は滅法高い。

タイトル出がかっこいい。目は見えないが耳が良く聴こえる特徴が一発で分る。三味線を交えた伊福部昭の音楽も良い。

吉田義夫の親分に乗り込んでいくシーンも、あっという間に立場が逆転してしまう事の面白さ。その他、斬り合い途中での井戸水飲みや、白握りを美味そうに頬張るシーン、子供達とのかけっこシーン等、市の可笑しさ、卑屈さ、ヤクザ本来の凄みなどを、勝新は見事に演じ分けている。このようなキャラ造形は雷蔵には無理だろう。

犬塚稔の脚本構成がしっかりしている。藤村志保のキャラが少し弱いのと、ラストの斬り合い相手のシーンがあっけなく、大ラスのすれ違う市と志保の位置関係が不明瞭なのが残念だが、一級の娯楽映画には間違いない。




弊社の配信するコンテンツ・動画等の整合性・信頼性に関しては万全を期しておりますが、
それにより生じた損害に対しては一切 の保証を負いかねます。
弊社が提供するコンテンツを無断で複製すると、著作権侵害となります。
Copyright (C) 2019, zeicompany. All rights reserved.
Free to Link
直線上に配置