直線上に配置



座頭市兇状旅
大映/86分★★
1963年(昭38)8月10日公開<カラー・ワイド>
脚本 犬塚稔
星川清司
監督 田中徳三
撮影 牧浦地志 音楽 伊福部昭
出演-勝新太郎・高田美和・万里昌代・成田純一郎・北城寿太郎・小林勝彦・村瀬幸子・安部徹・名和宏
あらすじ(MovieWalker)

「座頭市」シリーズ第4作。

前作「新座頭市物語」と同じ田中徳三監督だが、この回は凡作となった。

ストーリーが込み入り過ぎているので、所々で破綻している。市がその地に留まる理由が分からない。親分衆が会席する賭場へ一人乗り込む理由が不明瞭。高田美和との交情が薄い。対決相手となる浪人の演技が、三船敏郎まがいで失笑モノ。ラストで万里昌代が刺されるシーンが強引過ぎる。

その他、ツッコミどころが多数あって書ききれない。やはり映画の出来は脚本・構成次第だと痛感する。




弊社の配信するコンテンツ・動画等の整合性・信頼性に関しては万全を期しておりますが、
それにより生じた損害に対しては一切 の保証を負いかねます。
弊社が提供するコンテンツを無断で複製すると、著作権侵害となります。
Copyright (C) 2019, zeicompany. All rights reserved.
Free to Link
直線上に配置