直線上に配置



座頭市の歌が聞こえる
大映/82分★★★
1966年(昭41)5月3日公開<カラー・ワイド>
脚本 高岩肇 監督 田中徳三
撮影 宮川一夫 音楽 伊福部昭
原作-子母澤寛
出演-勝新太郎・小川真由美・天知茂・浜村純・佐藤慶・吉川満子・伊達三郎
あらすじ(MovieWalker)
「座頭市」シリーズ第13作。

脚本はシリーズ初の高岩肇。天知茂が第1作以来の出演。監督田中徳三、撮影宮川一夫の黄金コンビ。

流石に13作目となるとネタも尽きてきた感は否めない。タイトル前に市の居合抜きを披露、斬られて虫の息の男から名前を知らされて、今回の関わり合いが始まっていく。

小川真由美がとても素晴らしい。市に惚れた腫れたのシーンが見たかった。元の旦那が天知茂。女郎になった小川に手をついて戻ってきて欲しいと頼み込む。今回の市の相手役としては軟弱に見える。

ラスト、橋上での太鼓合戦と川沿いでの決闘は見ごたえある。ローキー気味の画面が素晴らしい。しかしそれに続く市の斬り合いはつまらない。天地との勝敗はついているのだから。

目の見えない障害者である市が、悪者をたたっ斬る爽快感が「座頭市」の真骨頂なのだろう。決して負けることのないヒーローとなってしまった座頭市。

浜村純とのやり取りがもう少し深堀りしていれば、開き直って外道の道を行く市の姿に、感慨が生まれたのかもしれない。




弊社の配信するコンテンツ・動画等の整合性・信頼性に関しては万全を期しておりますが、
それにより生じた損害に対しては一切 の保証を負いかねます。
弊社が提供するコンテンツを無断で複製すると、著作権侵害となります。
Copyright (C) 2020, zeicompany. All rights reserved.
Free to Link
直線上に配置