直線上に配置



雑兵物語
大映/90分★★
1963年(昭38)7月13日公開<カラー・ワイド>
脚本 小国英雄 監督 池広一夫
撮影 宮川一夫 音楽 浜口庫之助
原作清水崑
出演-勝新太郎・船越英二・藤村志保・堺駿二・遠藤辰雄・ミヤコ蝶々・柳家金語楼・小林勝彦・横山アウト・フック・パンチ
あらすじ(MovieWalker)
サンデー毎日・週刊漫画連載の清水崑の漫画“戦国雑兵”を「天国と地獄」の小国美雄が脚色、3月の雷蔵主演作「影を斬る」の池広一夫が監督した時代喜劇。

最初見る前は戦争物だと思っていたのだが「雑兵」とし「足軽」のことらしく時代劇だった。

勝新も未だこの頃は太っていなく、ひもじい足軽の役は合っていた。勝新主演というより群像劇の構成。撮影宮川一夫の腕の良さが随所に目立つ。この当時は未だ制作費も潤沢だったらしく、喜劇映画にしては戦闘シーンもエキストラ多く、手を抜いていない。

堺駿二他のコメディーリリーフ陣も層が厚い。映画史に残る作品ではないが、日本映画の古き良き時代の一篇。




弊社の配信するコンテンツ・動画等の整合性・信頼性に関しては万全を期しておりますが、
それにより生じた損害に対しては一切 の保証を負いかねます。
弊社が提供するコンテンツを無断で複製すると、著作権侵害となります。
Copyright (C) 2020, zeicompany. All rights reserved.
Free to Link
直線上に配置