直線上に配置



続 座頭市物語
大映/72分★★
1962年(昭37)10月12日公開<モノクロ・ワイド>
脚本 犬塚稔 監督 森一生
撮影 本多省三 音楽 斎藤一郎
原作-子母沢寛
出演-勝新太郎・城健三郎・水谷良重・万里昌代・柳永二郎・沢村宗之助・中村豊
あらすじ(MovieWalker)

4月に公開された「座頭市物語」の半年後の続編。

脚本犬塚稔は同じだが監督が三隅研次から森一生に変わっている。
前作、市を街道で待つ姿でラストとなった万里昌代や親分の柳永二郎も再び出演している。

しかし完成度はかなり落ちる。勝新の居合抜きは目にも留まらぬ速さで素晴らしいが、実兄である城健三郎(若山富三郎)の描き方が中途半端。特にラスト近くの兄弟殺陣で、兄に刺さった刀はいつからそこにあったのか・・・現場での撮影の不手際か、編集がマズイのか・・・。

兄の死に際の演出も、またそれに続くラストの唐突な終わり方も成功しているとは言えない。


弊社の配信するコンテンツ・動画等の整合性・信頼性に関しては万全を期しておりますが、
それにより生じた損害に対しては一切 の保証を負いかねます。
弊社が提供するコンテンツを無断で複製すると、著作権侵害となります。
Copyright (C) 2019, zeicompany. All rights reserved.
Free to Link
直線上に配置